平成生まれももうアラサー

1989生まれのアラサー主婦。2016.11.5息子シャバデビュー。子育て、コスメ、ファッション、生活の知恵、いろいろ書いとる。

史上最悪の美容室のお話

スポンサーリンク

 
こんにちは、大変ご立腹なパンツ嫁です。
久しぶりですが、今しがたあった出来事を書きます。

 

久しぶりに美容室の予約をしました。
コミュ障対人恐怖症に美容室というものはレベルが高すぎますよね。
とにかく私は美容室が好きでは無いですが、そうは言っても髪の毛というものはどんどん伸びていくものです。
まぁ前置きはいいとして、前回もお世話になった家のすぐ近くの美容室に行きました。
そこはとにかく安い!
低料金が売りの全国チェーン店みたいな古臭い感じもなく、低料金でいて尚且つオシャレな普通の美容室です。
前回は若い女の子に担当して頂きました。
正直本当に若い感じだし最初は不安でしたが、物凄く理想通りの髪型になり、嬉しくて自撮りしまくったことを覚えております。(そのくらい気に入った)
 
今回行くのは2回目なので指名無しで予約しました。
すると今回は男の人が担当でした(最悪)
いやーどうにもこうにも偏見なのでしょうけど、男の美容師さん、
めちゃめちゃ嫌いなんです!(すまん)
 
ワシみたいなオッサン女が何をぬかすかというクレームがきそうですが、
いやー本当に知らない男の人無理なんす。
特に美容室とか。知らない人に触れられる不快感ったらなくない??
 
まぁ兎にも角にも指名してないのでそこは我慢だし、そういうことを表に出さずに大人(のフリ)
 
そうしましたら、そのお方、まず
名乗らない。
 
美容室って、普通担当させて頂きます何々です〜みたいなの、ないっけ??
んーまぁええ。まぁええ。安いとこだし。敷居は低いだろう。しゃーないしゃーない。
 
 「今日はどうしますか〜」
 
あーこのなんとも緩い感じ。しゃべり方とか。友達か!!
これが結構嫌いなんですよ。笑
 
とりあえず、その前回切った時の写真を見せながら、このくらいの長さで前下がりの感じで、と伝えると彼は写メを横目に一瞬だけチラッ
「あー前下がりの感じで~」で、
施術開始。
 
え、だっ…大丈夫??全然写真ちゃんと見んかったやん…
いくつか不安を覚えるもなされるがまま。
 
案の定、全然違う仕上がりで
「こんな感じでどうっすか~?」
 
は、はぁ。わかってたよ。わかってたけど。
そりゃ納得行きませんもんで、
再度写メを見せて、いや全然もっと短くして欲しいんですけど…と勇気をふ振り絞る。
 
「あー。わかりましたー。」
 
これでもうコイツ、若干不機嫌。
いやいや、ワシも負けずと不機嫌やから!!(?)
 
ちょきちょき…
そしてものの何分かで
 
「長さどうっすかー」
 
いやだから。いや、だ、か、ら、
全然ちゃうねんて!!!!
自分写メ全然見てないやん!!!!
アゴよりも短いのにアゴ隠れまくってるやん!!!なんなん自分!!!
全っっ然長さちゃうから!!!君の技術を信じた私がバカでしたよ!!!
 
ワシももう不機嫌MAXですよね。
再度写メを見せ、前回ここの女性の方に切ってもらったんですよね〜こんな感じでもっと短めに…すみません…と、注文しました(ひ弱)
 
すると耳を疑う言葉が。
 
 
「いやー正直、じゃあその人に切って貰ったほうがいいんじゃないですかね」
 
ここで頭真っ白。
コイツ何言ってんの?って。
いや、ちゃうやん!
全く同じにしろってんならその人にそりゃ頼むわこっちだってよ。
そーじゃねえんだよ、あくまで長さは、こんくらい!!ってゆうてんの!!!!
君はそれすら出来てないやん!!
美容室ってだいたいヘアスタイルの雑誌とか、画像見せてこのくらいの長さで〜あとは毛先軽めで〜段つけて〜
とかそんな頼み方じゃないの???
テメーはその画像や雑誌の長さと同じくらいの長さに切ることすらできない無能なの?なんなの?目おかしいの?空間把握能力に乏しいの?
そもそも、それで美容師なの?
 
と、言いたいことわんさか。
正直怒りに震えたけど
そりゃ大人なので全部飲み込んで
そうですね
と、だけ返しておきました。
 
もう一刻も早く帰りたいという思いが上回って後は黙ってなされるがまま。
 
ワシの不機嫌さも完全に伝わっていたと思うので、向こう少し焦り始めたのか
も、もうちょっとこの辺切りますね〜
とかなんとかで、なんか適当にちょきちょきしておりました(ワイ心ここにあらず)
 
「後ろこんな感じで…どうですか…?」
といって美容室定番の合わせ鏡確認タイム。
いや見えねえよ
彼はどうやら鏡を持つ技術すら無いようです。
見えないと言う気力も当然ないし、
思った仕上がりじゃなくて見たくなかったので、あーはい大丈夫ですーと適当に返事。
 
最後は切った髪の毛を飛ばしてブローしてスタイリングで終わりか、と思っていると、
あろうことか彼は切った髪もそのままに
おもむろにスタイリング剤を申し訳程度に付け
「はい、お疲れ様でしたー」
 
わし、惨敗。
 
ほんまにほんまに、こんな美容室ってか
美容師さん初めてでした。
ちなみに前回の子はちゃんと綺麗にブローもしてくれたし、雑誌を一緒に見ながら相談しあったり、切った髪の毛を
似合う!スッキリしましたねー!と定番の褒めもくれ、家でのスタイリングの仕方のアドバイスとかもくれたり、かなり出来た子だったのに。
なんで同じサロンでこうも違うのか…
 
もう泣きたい気持ちで一杯で
お金を払って逃げる様に帰ろうとした時、
ドアを開けて彼が待っている…
あーまぁやるよね。最後ね、ありがとうございましたーまたお待ちしております的なやつね、ハイハイ。と思ってさぁ店出るぞ…
 
「あーざっ………。」
 
ハァ???
彼はどうやら挨拶も出来ないみたいです。
 
そのまま家に帰ってきてしばらく放心状態。髪型も見たくなくて鏡すら見ない。
涙で前が見えません!!!
 
いやなんでお金払ってこんな思いしないといけないんですか…
美容室って、自分が変わって、綺麗になって、ウキウキしながら店を後にするもんじゃないんでつか!!!おかあさあああん!!(?)
 
もうあの美容室っていうか、美容室自体に行きたくなくなりそうです…(元々そうなのに尚更)
私がおかしいですか???
これくらい我慢すべきなのでしょうか??
どうなんでしょうか。
 
 
そして気になるその美容室は…
サロンズ◯アー(コソッ…)
全国展開してるみたいです。
 
まぁおもくそ本社にクレーム連絡しておきましたけどね!!!!
 
きっと別になんも無いんだろうなー。
ほんま金返して欲しい。
あと時間と髪とワシの気持ちもな!!!泣